製品案内  
グランマップ_仕事で使うための「ビジネス編」_1
新規顧客の開拓はミクロエリアマーケティングから
地理上の空間距離を意識したマーケティング活動

 日本は、これまでの右肩上がりの経済成長の時代をすでに終え、1つのマーケットを奪い合うかつて無い厳しい競争の時代を迎えています。
 こうした環境下でビジネスを発展させて行くためには、これまで以上に新規顧客の獲得が求められています。
 顧客管理のコンピュータ化により、文字情報のデータベースは構築されてきましたが、文字情報だけではわからない地理空間上の分布によるマーケットの解析が、商圏分析、新規出店計画、既存店活性化などに使われてきています。

ある地点からの到達圏を求めて人の行動範囲を分析
操作画面  コンビニでは住宅地図を使って半径500m範囲内の世帯数をカウントして出店退店計画の参考にしているところもあります。
 グランマップにはミクロの商圏を描く機能として到達圏を計算することができます。これは任意の地点から一定距離や時間内に道路に沿って到達可能な範囲の外周を囲ったもので、例えば、駅から何分の住宅地のエリアなどはすぐに計算できます。
▲到達圏計算  
顧客の住所データから位置を瞬時にマップマッチング
エリアマーケティングは人口統計や商業統計を使って市場を分析するものですが、実際の生きた顧客データに基づき、ミクロにその分布を分析して、地に足をつけた営業活動を行うことも大切です。
この目的のために、グランマップは顧客データと地図とのマッチング機能(データに緯度経度を付加する)を用意しています。
エクセルの表などで作成された顧客データがあれば、CSVテキスト形式で出力して、そのファイルで地図とマッチングをかければ、ほんの一瞬で顧客データが地図上に表示されます
▲マッチング結果  
  東京都の1/2500地図は、東西2km、南北1.5kmの図葉と呼ばれる単位でできています。東京都全体で600を超える図葉があります。
戻る

Copyright (C) 2001-2002 MAPNET.LTD,. All Rights Reserved.